沿革

【昭和初期の本社】

写真拡大

明治40(1907)年 松村善蔵が神戸市でスタンダード石油および国産の石油製品の販売を開始
大正元 (1912)年 丸善砿油合名会社を設立
大正 6 (1917)年 神戸市兵庫に新川油槽所,引き続いて新川工場(現:神戸工場)を建設
昭和 2 (1927)年 スタンダード石油を分離し,株式会社スタンダード石油大阪発売所を設立
昭和 3 (1928)年 大阪製油所を建設
昭和 7 (1932)年 和歌山県下津に油槽所,引き続いて製油所を建設
昭和 8 (1933)年 当社より生産部門を分離し,丸善石油株式会社(現:コスモ石油株式会社)を設立
昭和11(1936)年 丸善砿油合名会社と丸善石油株式会社が合併
昭和12(1937)年 丸善石油株式会社の販売部門を担当するため同社より独立し,丸善商事株式会社(現:松村石油株式会社)を設立
昭和25(1950)年 松村石油株式会社と社名変更
昭和33(1958)年 株式会社松村石油研究所(現:株式会社MORESCO)を設立
同社の製品(現モレスコ製品)の販売を開始
昭和36(1961)年 日本鉱業株式会社(現:JX日鉱日石エネルギー株式会社)との共同出資により,日産石油販売株式会社を設立
昭和42(1967)年 近畿化成工業株式会社(現:松村石油化成株式会社)を設立
ネオシーラー製品の製造販売を開始
昭和45(1970)年 バーレル製品の製造販売を開始
昭和61(1986)年 神戸工場に研究棟を建設
電子関連資材の販売を開始
平成13(2001)年 神戸工場がISO14001の認証を取得
平成17(2005)年 神戸工場がISO9001の認証を取得
平成20(2008)年 神戸工場苅藻島製造所に多段式蒸留装置を建設
平成27(2015)年 中国で松中商貿(上海)有限公司を設立

▲このページのトップへ